危険だから遊ばせませない?子供を本当に守る事とは?~遊具点検日記~

ご機嫌いかがですか?
遊具ママです!

遊具点検中よく見かけるのが
「基礎なしジャングルジム」

 ジャングルジムがそのまま土に埋まっているだけの

私たちの「修繕部隊」では
考えられない手抜き設置」という感想

yuugutenken20141219

その時、管理されている保育園の主任の方にその件をお話しました。

すると思いもよらぬお答えが!!

「それなら今日からこのジャングルジムでは遊ばせません」
と主任の先生。

 

「え~っと・・・。
わたしはそういう意味でお伝えしていません。」

だって、このジャングルジムがなくても、子供たちは体を動かせますよね。
園庭を走り回ったりできればいいのでしょう?」


う~ん。確かにそうかもしれませんが、何のために遊具があるのでしょうか?
^^

先生がおっしゃる通り体を動かせる事はできます。


ジャングルジムならではの子供の体への働きと効果
があるからです。

体を動かすための遊具点検業ですから
ここは私も食い下がりません!

 

(以前「ジャングルジムと体」という日記も書きました♪)
まだ読んでいない方はこちら
→http://yuugumama.com/archives/948/



その設置されている遊具の現状を知るべき人
 ●管理する責任者
実際に遊ばせる保育の先生
●親御さま(遊ばせる大人)

ではないでしょうか?

管理者は事故が起きないようにするため。
「知りませんでした!」では済まされないためです。

そして遊ばせる側の保育の先生・お母さんたちが知る意味
安全に遊ばせるため」です。

決して遊ぶことをやめさせるためではないのです。

ところがその「現状」を知ったとたんに
「それでは遊ばせません」という選択をされてしまう事は
何とも悲しい現状です。

 

  「昨年もまったく点検業の人からそんな話を聞いていませんでした。
私たちに伝えて下さらないなんて・・。」
と嘆く先生。


万が一の事が起きても安全な遊具を追及するのが「遊具点検」と考えます。
それを保育の先生にもその事実を「共有」する義務があるのです。

ジャングルジムの基礎なしについては珍しいケースではないのですが、
 多くの先生は「知りませんでした・・」と青ざめてその基礎無しの現状を目の当たりにします。

 

「危険だから撤去」
「危険だから遊ばせない」


「危険個所を修繕して安全な遊具にメンテナンスする」
「危険個所を理解して、子供を遊ばせる」

私たちは子供をサポートする保育園・幼稚園の先生とその子供たちの
サポート役でもあると思っています!

危ないから「遊ばせない」は
本当に子供の体を「守る」とは言えない。

「遊具を使ったいろいろな動作が頭や体を育てる」

 

結局この保育園の先生にも一歩も譲ることなく説得しました。

最終的には
「わかりました。そのことを頭に入れて子供たちは今まで通り遊ばせます。
いろいろ細かいことまで教えていただきありがとうございました。」と
ご理解いただきました。

こんな点検業者他にはいないでしょうね~。(笑)
理解していただいた先生には、感謝です♪

 

明日も多くの園児さんが、あのジャングルジムによじ登り
体も脳もしっかり使ってくれている事でしょう♪

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

▲Pagetop