子どもこそ体力作りの運動を!

みなさん!ご機嫌いかがですか?

今朝の新聞の見出し「体力自慢の70代増加」の文字が!
体力自慢の70代!高齢者社会では医療費をかけずにシニアの方が元気に過ごすこと。
本人にとっても、家族にとっても、そして国にとっても、素晴らしいことだと思います。

朝日新聞よりシニアの体力でも・・・私はこの記事を喜ばしいと
思いつつ、同時に伝えたいことがある


体力つくりをしなくては習いことは
なにもシニアだけではない!

現代の子どもこそ、
「体力向上のための運動」
に必要性があるのだ~!

という事です。

 

現在シニアと言われる時代の
子供時代はどうだったのでしょう・・・。

確かに物は豊かではなく、交通の便も悪かった時代。
習い事もさせてもらえず、畑仕事を頑張ってきた子供や
家業を手伝ってきたり、日本が経済的にも苦しかった時代であったという背景に、その子供たちもその生活はありました。

シニア体力低下を防ぐ事は、今のシニアの体力の土台があっての運動なのです。
子供時代に培ってきた能力を低下させないように、またさらに少しでも向上させるために
取り組むのが、シニア運動です。(これによるコミュニケーションも生まれます。)
では、今の子供たちが高齢者と言われる歳になったらどうなのでしょう・・・。
「公園遊びの減少」や「運動はしているが、総合的な運動ができない」ことも、
今の時代背景にある見落としている、子供の体力低下の一つなのだそうです。

今日の新聞には子どもの体力は、横ばいと書いてありますが、
これは私たちが子供時代だったころより少し後の
90年代以降にぐぐ~と低下してから横ばいということ
まだ水準は低いのだそうです。

だから、こんな記事が出た今日は
「子供の体力」を見直しどれだけ大事なのか伝えたいと思います!
現代の「子供の運動へのアプローチ」はいろいろありますが、
それぞれの 大人の立場としてできることからやっていけたらいいと思います。

●公園で遊んでいる子供の騒音がうるさくても・・・
「ここでボールを使うとは何事だ!」と声をかけず「ルールを守ってしなさいね。」と伝える。

●学校の先生が校庭で子供が遊ぶ時間を増やしてもらう。
(勉強を削るのではなく、晴れた日は外で体を動かすことを促す、または一緒に遊ぶ。)

●地域やサービスでも「子供の遊ぶ場所」を意識する
→危ない個所が増えてきているこの世の中だからこそ、子供の居場所を増やしてもらう。

●一つの運動・習い事ばかりに執着しないで、いろいろな体験を小さいうちにさせる。

こんな生活は、子どもの身体的・心理的にもよい影響が与えられるのです。

今社会で問題されている犯罪から、家庭内トラブルまで、この働きかけで少しでも
子どもの未来が変わるんだ・・と感じています。
一人の活動は小さいけれど、一人一人の大人が取り組みたいですね!

遊具ママ

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

▲Pagetop