サッカーに必要な目を作ろう!~スポーツに強くなる!ビジョントレーニングより~

こんにちは。
今日は私たちが指導させていただいている「ビジョントレーニング」について
お話をさせていただきます。

ビジョントレーニングの効果は、
学習の場面や他いろいろ効果がありますが、今日は「スポーツ」の中でも
「サッカー」について考えてみます。

サッカーに取り組む生徒さんへのビジョントレーニングですが、
これも本当に種類は無数にあります。

なぜなら、サッカーのボールは
方向・スピード・回転も様々です。
例えば、テニスなら前方から飛んでくる。
野球でしたら、バッターの向く方向は決まっています。
守備ならやはり前方からで、後ろからボールが飛んでくることはありません。

ところが、サッカーはどうでしょう。
ボールは後ろからも、前からもそして上からも下へも飛んできます。
ゴロで早く転がってきたり、ふんわりと高い軌道で飛んでくる場合もあり、
そしてそのボールを頭でとればよいのか、それとも胸トラップがいいのか、
またしっかりインサイドでとらえたほうがいいのか、アウトサイドでの方がいいのか・・・?

この判断は、単純にボールの球種や起動で判断するだけではなく、味方や相手の場所を瞬時に理解し
その判断を瞬時にプレイで出していかなくてはなりません。

ビジョントレーニングはサッカーのこんな場面で!

ボールの回転や方向を見極めて、体をベストなポジションに移動する
○後列から飛んできたボールを味方にパスをするために、相手の動きや味方のポジションを確認し、
同時にボールをしっかりとらえる。さらに、空いているスペースを見つける
〇相手チームの選手の動きを察知する。
○フリーになっている味方の選手を早く見つける
など、様々な場面をと絶える「眼」と「素早い判断する脳」を鍛えます。

周辺視野をトレーニングすると良くいいますが、
周辺視野をトレーニングしていく中では、ある方向は得意だったり、ある方向はとても見づらいなど、
その子それぞれの不得意、得意がわかってきます。

実際子供はまだこの周辺視野が狭いです
子供たちが遊んでいる光景では、周りが良く見えず、頭をゴチンとしてしまう子。
また、ボール遊びに夢中になっていても同じことが言えますね。

また高齢者はまたこの機能が劣ってくるので、運転なども安全面が心配になってきますね
スポーツをしている人は、なおさら周辺視野はじめ、眼や体の能力を高めて
プレイで発揮してほしいと願います!

さぁ!ビジョントレーニングから「サッカーの技術向上」に役立てましょう!
20100315_619970
 

 

 

 

************************************************
「スポーツのためのビジョントレーニング」はフィジカルパークにて受講できます。

フィジカルパーク http://physipa.com/

h_logo

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

▲Pagetop